【リップルとは?】世界中の銀行の仕組みを変える可能性をもつ通貨。詳しく知るとかなり凄いw

リップル(Ripple,XRP)銀行の仕組みに大きな革命をもたらすかもしれない、次世代の仮想通貨です。

リップルに関しては、Googleも出資をしており、2,017年11月にはなんと

クレジット会社のアメリカン・エクスプレス(アメックス)と業務提携を結んだ事でも有名になっています。

今回はその、いま最も将来性があるリップルにつて詳しく説明していこうと思います。



そもそもリップルってなに?

リップルとは、アメリカのカリフォルニア州に拠点を置く、Ripple, Inc.によって

作れられた通貨になります。

リップルは、金融機関を対象としており、決済に特化した通貨になるのですが、

簡単にいうと、リップルを使うと銀行間(銀行から銀行へ)の送金スピード早くなり、

また手数料もグンと下がるんですね。

なので、個人を対象した通貨ではなく、金融機関を対象とした通貨になります。

 

リップルには3つの顔がある

ひとくちにリップルといっても、実はリップルには3つの顔があるんです。

①会社としてのリップル(Ripple Inc.)

②送金手段としてリップル(Ripple)

③通貨としてのリップル(XRP)

 

いかがでしょうか?

取引所などで通貨単位がXRPってなんだろ?って思った事ありますよね?(笑)

では、その理由も含めて解説していきます。

 

①会社としてのリップル(Ripple Inc.

リップル社は、アメリカのカリフォルニア州に拠点を置く会社で、

もともとは2,004年にカナダのリーヤンというプラグラマーにより、

「Ripplepay」として考案されたのが始まりです。

2,004年にリップルが誕生したいので、

実はビットコインよりも歴史は古いんですよね(笑)

 

リップル社は

瞬時に反映されるグローバル送金を実現すること、を目標に掲げております。

 

また、リーヤン氏がリップル社の責任者だった頃は個人やコミュニティーが

サービスの対象になっていましたが、

その指揮権をクリスラーセン氏が引き継いだ事によってそのターゲットを銀行市場に移した、とされています。

2,014年のドイツのオンライン銀行Findorを始めとして、バングオブアメリカ、カナダロイヤル銀行など、数々の有名

金融機関にリップルの性能が認められ採用されてきました。

そして、2,015年からは会社名をRipple Labs Inc.からRipple Inc.に変更し、

オーストラリア、ヨーロッパにもオフィスを構え世界的に拡大しています。

さらにリップル社にはGoogle venturesSBIグループアクセンチュアなど世界中の有名企業が出資しています。
そのことからリップルに将来性があると見込んでいる、ということが分かりますね。

 

②送金手段としてリップル(Ripple

リップルが世界的に注目を集めているのは、この送金手段が優れているから

といっても過言ではありません。

リップル社は、新しいグルーバル送金(国際送金)のかたちを目標にしており、

リップルの取引システムによって、インターネット上でお金を電子メールのように取引することを実現しています。

銀行、送金業者とデジタルアセット取引所をRippleNetというシステムでつなげることで

スムーズな国際送金が行われる事ができるのです。

 

(今までの国際送金の流れ)

 

(リップルを使用した時の国際送金の流れ↓)

 

現在世界中では155兆ドル以上の国際送金が行われているそうなので、

その市場規模はかなり大きいものですよね。

 

RippleNetを使うメリット

✔取引が今までより早くなる

✔取引量が増える

✔送金に必要なお金が減る

メリットはこの3つが上げられます。

 

✔取引が今までより早くなる

今まで、国際送金には早くても3日ほど時間がかかっていました。

しかし、暗号通貨(ビットコイン)が登場して送金スピードが早くなった

と言われますが、それでも1時間以上は反映までに時間がかかるのです。

今のビットコインだと、下手したら数日かかる可能性だってあります。

しかし、Rippleはそんな中、たった4秒で取引が完了するのです。

引用元:Bitcoin取引navi

 

✔取引量が増える

1秒あたりの取引量はビットコインが4〜6件だったのに対し、

リップルは1秒で1,500件もの取引を処理する事ができるのです。

この高度な性能によって莫大な量の取引を他の暗号通貨よりも瞬時に

行うことができるので、取引の高速性を実現しているといえるのでる。

ちなみにこの処理速度はVISAと同じレベルくらいだと言われています。

引用元:Bitcoin取引navi

 

✔送金に必要なお金が減る

リップル社は、「銀行がリップルのシステムを利用した際には、コスト削減率は芸金で60%になる」と述べています。

1件あたりでいえば3,76ドルの削減となるそうです。

分かりやすく事例を出すと、

楽天銀行の国際送金では送金者が外貨で送金しても1750円の手数量がかかり、

円で送金となると4750円の手数量がかかってきます。

 

しかし、これをリップルを用いて送金すると、500円程度で収まる計算になるのです。

楽天銀行は、国内でも手数料は安いの方なのですが、それ以上のコストパフォーマンスを

実現させてくれるのがリップルの凄いところです。

 

リップルは100以上の金融機関が参加している

リップルのシステムには日本最大の大手銀行「東京三菱UFL銀行」を始めとした100社以上が

現時点で参加しており、国際送金もすでに開始されてきています。

引用元:投資にトライ!仮想通貨おすすめ比較

このように、日本の大手銀行も参加しているのが分かると思います。



 

③通貨としてのリップル(XRP

リップルの3つめの顔、それは通貨としてのリップルです。

2017年の12月現時点では1XRP=250円となっています。

これは凄いことでリップルはたった1か月前まではなんと

1XRP=25円ほどだったんです。約1か月で10倍ですね(笑)

10万入れてたら100万とかになってると考えると本当に凄い。

 

リップルにも発行上限がある

リップルにも発行上限枚数というのが存在します。

リップルの発行上限枚数は1000億枚となっており、その1000億枚は

もう既にす全て発行されているのが、Bitcoinと違うところです。

また1000億枚のうち、617億枚はリップル社が保有しており残りの383億枚は

が市場に流通しているという事になります。

Bitcoinは非中央証券といって管理者が存在しませんが、

リップルは管理がいるため、中央集権型の仮想通貨とも呼ばれたりします。

 

リップルのブリッチ機能

リップルのブリッチ機能を使うと、ドル、ユーロ、円などの通貨の他に、

Bitcoinやイーサリアムといった他の仮想通貨とリップルを交換する事ができるます。

リップルはその中間の通貨して両替を担当する事ができる通貨なのです。

その仕組みの事がリップルのブリッチ機能と呼ばれています。

 

円➠リップル➠ドル

Bitcoin➠リップル➠ドル

みたいな感じですね。

 

2018年のリップルの年?

三菱東京UFJ銀行が2018年より送金実験を開始します。

三菱東京UFJ銀行は2018年初からブロックチェーンを利用した国際送金サービスを始める。ます個人への提供を開始し、その後企業向けにも開放される見込み。

初期メンバーは、三菱東京UFJ銀行を筆頭に、バンクオブアメリカ・メリルリンチ(アメリカ)、スタンダードチャータード銀行(イギリス)、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(イギリス)、サンタンデール(スペイン)、CIBC(カナダ)、ウエストパック銀行(オーストラリア)で、今後さらに90行程度が参加する可能性もあるとのこと。

引用元:Bitcoin取引navi

 

ナスダックがリップルの高騰を予想

世界的な大手取引所、ナスダックがリップルの価格を予想した

記事がとても和田になっています。

その記事によるろ数年後は5ドル(600円)に達する可能性がある、ということです。

現時点で200円を超えてきているので、たしかにその予想は当たる可能性が高いと考えます。

 

さらにG7中央銀行が仮想通貨に参入の可能性

中央銀行が仮想通の業界に入ってくる可能性が高いといま噂になっています。

仮に仮想通貨の市場に入った場合は、送金に適しているリップルに資金が集中する可能性があるんです。

なので、2018年はリップルの価値が今よりももっと上がる材料が沢山あります。

100%価格が上がるとはいいませんが、とても楽しみな年になるのは間違いないでしょう。