Coincheck(コインチェック)の口座開設・アカウント登録方法

 

今回の記事では

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨の取引をする為のアカウント作成方法。

口座の開設方法、本人確認やその他必要な作業について詳しくご説明していきます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

取引をする為の口座開設はとても簡単で、「メールアドレス」or「Facebookのアカウント」

があれがすぐに登録をする事ができます。

しかしこの状態だと5万円までの取引しかできないので、取引上限のないアカウントにするため、

この機会に本人確認も終わらせておきましょう。

 

本人確認は「免許証」or「パスポート」or「顔写真付き住基カード」があればできます。

コインチェックの登録はコチラをクリック➠コインチェック

 

注意事項

アカウト作成の説明の前に注意事項から説明します。

①パスワードはPCの自動保存だけではなく必ずメモをとること。

パスワードを紛失しても発行できますが、時間がかかるのでその間に取引チャンスを逃してしまう可能性があります。

②2段階認証は必ず設定すること。

不正アクセスによりコツコツ溜めてきた日本円やBitcoinを盗難にあうリスクがあります。

なので面倒くさがらず必ず2段階認証して下さい。とても簡単なので。

 

では早速アカウントの開設方法について説明をしていきます。

コインチェックのアカウントの作り方

まずはCoincheckの公式サイトへ移動。➠コインチェック

そしてメールアドレスとパスワードを入力し、オレンジ色のアカウント作成ボタンを押す。

※Facebookアカウントをお持ちの方は「Facebookで10秒で登録」を押して、Facebookアカウントで

ログインする事で登録ができます。

メールアドレスを確認

引用元:BusinessInfiniteアフィリエイト

メールアドレスに送られてきたURLを押すとアカウントの作成完了です!

 

2段階認証の設定方法

2段階認証の設定をしておくと、あなたのアカウントに不正アクセスされそうになっても

時間制限付きパスワードも合わせて入力しないとログインできないようになります。

なので2段階認証を必ずしましょう。

 

事前に「Google Authenticator」というアプリもとっておきましょう。

 

アプリをダウンロードしたら、

引用元:CoinPost

「設定」からの「2段階認証」を押し、「設定する」ボタンの順に押します。

引用元:CoinPost

Google Authenticatorを下の写真の通り操作してQRコードを読み込み、

アプリに表示された6桁の数字を入力します。

その後「設定する」ボタンを押すと2段階認証の設定は完了です。

右上の+ボタンをおし、バーコードスキャンを押すとQRコードが読み取れます。

 

電話番号認証

引用元:仮想通貨の投資法

コインチェックにログインし左上にあるウォレットをクリック。

左下にある設定を押し、そこで電話番号認証の作業を行います。

引用元:仮想通貨の投資法

電話番号の欄に携帯の番号(ハイフンなし)を入力し、SMSを送信するを押します。

その後、SMSで認証コードが届きますので、その番号を送信された認証コードに入力後、

認証するボタンを押します。これで電話番号認証は完了です。

ここまでの登録でやっと5万円以内の取引ができるようになりました。

 

本人確認

設定から本人確認へと進めばこの画面になります。

引用元:CoinPost

こちらは本人確認の画面になっており、

「名前」「名前(カナ)」「性別」「住所」「移住国」「種別」を全て埋めます。

 

ちなみに下の書類が本人確認で使える身分証になります。

個人の方は下記のいずれか1点(氏名、住所の記載があるものに限る)

(1)旅券(パスポート)

(2)在留カード

(3)特別永住者証明書

(4)外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者又は永住者のものに限ります。)

(5)運転免許証等(裏面に住所の記載がある場合は、裏面も提出して下さい)

(6)官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付のもの(写真付き住基カード等)

 

書類の見本

顔と提出書類が写っている写真を添付しておくります。

ファイルを洗濯するのボタンを押し、選択すればOKです。

「カメラを起動」を押した場合はPCやスマホのカメラが起動してそのまま

撮影する事ができますので、あらかじめ写真を用意しておく必要もありません。

 

本人確認書類の表と裏の写真もとること

次に本人確認書類の表と裏の写真を提出します。

ファイルを選択するを押し、写真を選択するか、その場で写真をとってもOKです。

※免許証や外国人登録証明書を提出する場合は甘楽図裏面も提出する必要があります。

パスポートの場合は、住所記載の欄を提出する必要があります。

 

これで身分証がアップできたら本人確認は終了です。

※その後、住所確認の為のはがきが郵送されてきますので、それを受け取ると全ての機能が使えるようになります。