本田圭佑が仮想通貨に参入か?

 




イタリアのセリエAから、メキシコのパチューカでサッカーを続けている本田圭佑。

自信満々な発言と行動力の凄さにサッカー以外でも注目を集めていた彼ですが、

なんとその本田圭佑が仮想通貨ビジネスに参入するのではないか?という噂が広まっています。

 

パーティーで「投資」について語る

引用元:@niftyニュース

 

去年の末頃、都内で開かれたパーティー会場で本田が大勢の人を前に、

とても熱くスピーチをしていた。

しかしそのスピーチ内容はサッカーに関わるものではなく、投資について語っていたそうです。

「今日は皆さんと将来のことをお話しさせていただければなと思っています。テーマがですね、あまり細かいことを言わずに、まさに『投資』。次世代の日本を、世界を作っていく『投資』をテーマに今日は皆さんに集まっていただいているので」

引用元:Yahooニュース

冒頭のスピーチでそう発言しているので、

自身のサッカーの経験談を話すより「投資」について語ったほうが来てくれた人の為になるのではないか、

と本田は思っていたはずです。

 

ビジネス関連のセミナーにスポーツ選手や歌手、タレントが参加するのはよく聞く話しですが、

スポーツ選手が自らビジネスセミナーを開くのはとてもめずらしい事です。

また、本田はこのセミナーの最中にも、こんな発言をしている。

「今回はあえて大企業の社長は呼んでいません」
「次世代を変えられる方だけをお呼びしている」
「僕とだけじゃなく、皆さん方で積極的に名刺交換をしていっていただければ、この会を開いた目標のひとつが達成されますので、よろしくお願いいたします」

引用元:Yahooニュース

セミナーで話した詳しい内容は分からないが、

この発言からわかるように本田は「若者の夢」をとても大事にしていると感じされる。



本田圭佑が仮想通貨ビジネスに参入か

今回のセミナーに参加した企業の参加者のコメントによると

「本田さんが仮想通貨ビジネスに参画するという話が出ていました。本田さんと関係が深いカンボジア政府の後押しを受けてのもので、大幅な値上がりが見込めるという話まで流れていた。今回は具体的な話はありませんでしたが、参加者の中には“本田コイン”を買うにはどうしたらいいのか? と周囲に聞いていた人もいたようです」

引用元:@niftyニュース

本田は、サッカーの試合で2015年にカンボジアを訪れており、その時に現地の人を通して

カンボジアサッカー協会と関係を深めている。

そういった繋がりがあったからなのか、カンボジアのリーグ1部(当時は2部)のプロサッカーチーム

ソルティーロ・アンコールFCの経営も本田が指揮をとっている。

本田がそのチームの経営に乗り出したのは2016年12月の頃だ。

そしてこのチームの幹部もまた、仮想通貨ビジネスについてコメントしている。

「去年の11月頃に仮想通貨ビジネスについて聞きました。サッカー協会を通じて、カンボジア政府とも繋がりがあるので、後押しも受けられる」

引用元:@niftyニュース

 

というように本田の周りのコメントを見ても仮想通貨にこれから参入するのでは?と勘違いしてしまう

コメントばかりだ。

しかし仮想通貨ビジネスへの参入について本田は「事実ではありません」と否定をしている。

 

本田は経営センスが抜群?

サッカー選手としての本田圭佑も有名ではあるが、経営者としての本田圭介もとてもつもなく有名だ。

本題が運営するサッカースクールは全国で70箇所以上あり、サッカースクールとしては

日本では最大級のものになっている。

またプロチームを買収して経営に乗り出したりと経営者としても活発に動いている姿がメディアでよく報道されている。

堀江貴文氏も「とんでもない人物」と本田を絶賛しており、2人が対談した内容が

ニュースアプリに取り上げられたほどだ。

俺はサッカーは才能のない分野やと思ってたからね。経営やってみて、俺100%経営の方がセンスあるわ、と思いながらやってるもん

引用元:Yahooニュース

また本田自信もこう語っているので、その経営手腕は本物かもしれないと思ってしまう。

 

現在本田自身が仮想通貨ビジネスの参入を否定しているが、仮想通貨業界はこれから急速に

伸びていく業界だ。

経営者の本田は確実に仮想通貨の今後の可能性に気づいていると思う。

なので現状参入していなくても今後、本田が仮想通貨ビジネスに参入し、公言したときは

より多くの人に仮想通貨の魅力が伝わると思っている。

ぜひとも本田には少しでも早く仮想通貨の魅力を大勢の人に伝えて欲しいとこだが。。。