モナコインの今後が凄すぎた。2018年。モナコインは世界に進出。価値も大きく上がる?





モナコインは日本産の仮想通貨で、2ちぇんねるのコミュティ参加者が作成した

コインとしてとても有名です。

海外の大手掲示板発症の「Dogecoin」の誕生により日本の2ちぇんねらが

「仮想通貨って面白そうじゃない?」「俺たちも作ろうぜ」という流れから

モナコインが作られたと言われています。

そして2ちぇんねるのキャラクター「モナー」をイメージし作られたのがモナコインです。

モナコインには「将来こういうコインにしたい」といったハッキリした構想がなく、

ただ単に日本のモナコインのコミュティが盛んで利用者が多くなり、需要が増えたため

価値が上がったコインとされています。

そんなモナコインですが、今後大きく世界へ進出する可能性があるという事が

調べていく内に分かりました。

今回はその理由や、モナが今度どうなっていくのか、について説明していきます。

 

秋葉原から世界へ

AKB48等のアイドルアニメに関しては、常にスタート地点は秋葉原から始まっています。

秋葉原で人気になり、日本全国に広がり、世界へ進出。というのがアイドルやアニメの文化です。

海外で日本のアニメが流行るかどうかは「秋葉原でどのくらい流行ったのか」

という物差しが必要になってきます。秋葉原で流行ったアニメは海外でも必ず流行ると

言われているほど秋葉原での盛り上がりというのは大事なことです。

その事を知ってかどうかどうか実際にモナコインを推奨している投資家や個人が

モナコインを広めようと秋葉原で広告を出したことは大きく話題になりました。

 

そしてその影響もあり、秋葉原では現在モナコインを使えるお店がどんどん増えています。

PCもモナコインで買えたり、メイド喫茶の支払もモナコインでできるのです。

 

 

モナコインのコミュティは日本で最大規模を誇ります。

なので、そのコミュティがモナコイン普及させようと気持ちが強いので広告まで出してるのです。

さらに、モナコインの普及が進むと経済規模が数百億円とも言われる「コミットマーケット(コミケ)」にも

モナコインが使えるようになると考えています。

コミケで使えるようになると、世界のアイドル・アニメファンもモナコインに注目する事間違いなしです。

ぜひ秋葉原から世界へモナコインを普及していってほしいものです。

 

アメリカやEUではモナコインが使える?

モナコインはザイフ、ビットフライヤーで購入する事ができます。

ここで注目なのが、ビットフライヤーが海外進出をしている事なのですが、

フライヤーUSAビットフライヤーEUという名称からアメリカとEUに進出している事が分かります。

現在はBTCのみの取扱でスタートさせていますが、2018年の半ば頃から他のコインも取扱予定としています。

なので、海外のビットフライヤーでモナコインが使えるようになれば、

アイドルやアニメが好きな人は興味をもってモナコインを買うので、どんどん資金が流入していきます。

そうするとモナコインの価値も上がる、というのは予測がつくはずです。

モナコインは最近これといった好材料の発表はないのですが、これからどんどん

価値が上がっていく期待ができる通貨なのは間違いないことでしょう。